カンボジアの基本を知る②

では続いて「カンボジアの歴史」!

 

■歴史

 

カンボジアの起源は、1世紀頃に興った「扶南」とされている。

 

802年にアンコール朝が誕生し、

12世紀頃に最盛期を迎える。

 

度重なるシャム(タイ)の攻撃により1431年に陥落。

 

以降は衰退の道をたどってしまうのだった。

 

長年に続いた隣国からの介入を脱するため、

フランスの支配下に入る。

 

しかし、シハヌーク国王の独立運動により

1953年に完全独立。

 

その後、1970年のロン・ノルのクーデターからは

国情は混乱。

 

 

特に、ポル・ポト率いるクメ―ル・ルージュ政権時代は、

極端な共産主義政策により100万人以上の国民が虐殺

 

f:id:info-travel:20170421233114j:plain

 

1992年、国連による暫定政府が設置され内戦が終結した。

 

翌年(1993年)には総選挙が行われ、

新生カンボジア王国が誕生したのだった。