ホーチミンって②

f:id:info-travel:20170421213352j:plain

 

ホーチミンがあるベトナム南部は、

メコンデルタに足を踏み入れれば、

真っ赤な道がまっすぐに伸びて、

熱帯植物の深い緑と絶妙なコントラストが呈している。

 

 

f:id:info-travel:20170421213356j:plain

 

 

この赤い道というのは、

土が原因なのだ。

 

つまり、玄武岩が風化した紅土(テール・ルージュ)が

肥沃な土地をもたらしてくれるのだ。

 

 

 

メコンデルタの東北を流れるドンナイ川の支流の

サイゴン川右岸に開けた大都市が「ホーチミン市」だ。

 

赤やオレンジの原色の花が咲き、

街路樹もすくすくと育った美しい南国情緒あふれる街である。

 

それもそのはず、

年間を通しての最低気温が「20℃前後」なのだ。

 

ベトナム南部の沿岸には水深100メートルにも達しない

大陸棚が広がっている。

 

浅瀬の海岸ではプランクトンが発生し、

豊かな漁場が作られる。

 

だから海の幸がおいしいんだね!!