カンボジアの基本を知る①

今月は、カンボジアにお仕事に行きます!

 

さっそく基本情報を学んでいく。

 

■国名

カンボジア王国

 

 

■国旗

f:id:info-travel:20170421215301j:plain

国の象徴「アンコールワット」を中央に記している。

上下の青色は「王室」、

中央の赤は「国民」、

アンコールワットの白は「仏教」を表している。

 

 

■面積

約18万1035㎢

国の面積は日本の約半分。

タイ、ベトナムラオスと国境を接している。

 

国土の大半は「平野」で、

北西部には、東南アジア最大の湖、トンレサップがある。

 

 

■気

熱帯モンスーン気候

年間を通じて高温多湿。

乾季(11月~4月)、

雨季(5月~10月)に分かれる。

 

■人口

約1546万人

 

 

■首都

プノンペン

(人口168万人)

 

 

公用語

クメール語

観光地や都市部では英語がOK。

その他の地域はクメール語

 

場所によっては、タイ語や中国語が通じる。

 

 

■民族

クメール人 90%

ベトナム人 5%

華人 1%

その他少数民族 4%

 

■宗教

 

仏教徒 96%

イスラム教徒 2%

カトリック教徒 1%

 

カンボジアは国民の9割が上座部仏教を信仰している。

・国内のいたるところできらびやかな寺院があるのが特徴。

 

太陰暦にもとづいた仏教カレンダーが生活に根付いている。

・月4~5回ある仏日には寺院へ参拝する。

 

 

カンボジアとクメールの違い

 

カンボジアもクメ―ルも原則として同じ意味。

一般的には民族、言語、料理など、

文化的な用語に「クメール」が使われることが多い。

発音は「クメル」に近い。

 

 

■政体

立憲君主制

 

1953年にフランスから独立している。

 

■元首

f:id:info-travel:20170421215254j:plain

ノロドム・シモハニ国王(2004年~)

「建国の父」と呼ばれる故・シハヌーク前国王の息子。

ヨーロッパで育った温厚な知性派。

 

 

■国会

二院制

国民議会(下院)と上院から成る二院制

 

 

■首相

f:id:info-travel:20170421215246j:plain

フン・セン首相(1998年~)

 

 

■選挙権

18歳以上

 

つづく・・・

ホーチミンって②

f:id:info-travel:20170421213352j:plain

 

ホーチミンがあるベトナム南部は、

メコンデルタに足を踏み入れれば、

真っ赤な道がまっすぐに伸びて、

熱帯植物の深い緑と絶妙なコントラストが呈している。

 

 

f:id:info-travel:20170421213356j:plain

 

 

この赤い道というのは、

土が原因なのだ。

 

つまり、玄武岩が風化した紅土(テール・ルージュ)が

肥沃な土地をもたらしてくれるのだ。

 

 

 

メコンデルタの東北を流れるドンナイ川の支流の

サイゴン川右岸に開けた大都市が「ホーチミン市」だ。

 

赤やオレンジの原色の花が咲き、

街路樹もすくすくと育った美しい南国情緒あふれる街である。

 

それもそのはず、

年間を通しての最低気温が「20℃前後」なのだ。

 

ベトナム南部の沿岸には水深100メートルにも達しない

大陸棚が広がっている。

 

浅瀬の海岸ではプランクトンが発生し、

豊かな漁場が作られる。

 

だから海の幸がおいしいんだね!!

ベトナムの地形って

再来週から、仕事で「ベトナム」に行くことに!

 

カンボジアも合わせて行くので、猛勉強している。

 

といっても、シュガ子はプライベートで、

ハノイホーチミンに行っている。

 

でも、仕事となると、その時の知識だけでは

いかんのよ。

 

ということで、これから数回に分けて、

ベトナムカンボジアをレッスン!

 

 

■まず地図を広げてみると・・・

f:id:info-travel:20170421213215j:plain

 

 

 

インドシナ半島の東側をふちどるような形のベトナム

スリムなS字形のようにも見える。

 

ベトナムでは、

「天秤棒の両端にふたつのカゴを下げた形」

もしくは

「逆立ちした龍の形」

と喩えられているんだとか。

 

ベトナムの4分の3は山岳地帯。

西側はラオスカンボジアと国境をなしている。

 

東側というと、3260㎞という長さの

遠浅の海岸線が広がっている。

 

そのため、

西から東、

北から南へと川が流れている。

 

下流にいけばいくほど「デルタ」(三角州)が

広がる。

それが、メコンデルタである。

 

 

ベトナムは、山、海、平野などという

さまざまな地形を楽しむことができる国なのだ。

ハノイの寺には5種類ある

ベトナムの中でも、特にハノイには多くの寺院が存在している。

 

f:id:info-travel:20170420190140j:plain

(↑はハノイの一柱寺)

 

しかし、呼び方は「寺」という言い方ではない。

実は大きく分けて5種類の違いがある。

 

ここがベトナムの寺の面白いところだ。

しっかりと使い分けていきたいものだ。

 

 

①チュア

仏教寺で、漢字で書くと「寺」

 

②デン

歴史上の実在した人物を神格化して祀った建物。

漢字では「祠」

 

③ミェウ

歴史上の実在した人物の霊を祀った建物。

漢字では「廟」

 

④ディエン

神々を祀った建物。

漢字では「殿」

 

⑤ディン

庭に造られた休息用などの建物。

漢字では「亭」

 

 

ハノイでのツアーといえば、寺まわりは欠かせないが、

1つ1つチェックしていきたいものだ。

ホテル ニッコー サイゴンに泊まってみた

21階に案内されました。

(お部屋の最上階は22階)

f:id:info-travel:20170420153542j:plain

お部屋には生花が。
 

f:id:info-travel:20170420153658j:plain


テレビは日本製。
広さもほどよい。

f:id:info-travel:20170420153646j:plain

 


 

この机には引き出しがついていて、

f:id:info-travel:20170420153742j:plain

 


引き出しの中に文房具が☆
 
修正テープがあるなんて、日本らしいっ!
 
 

お風呂は独立式。
なんとまあ!

f:id:info-travel:20170420153753j:plain

f:id:info-travel:20170420153832j:plain

 

アメニティもこんなに充実!
 
 
ベッドの上にこんな箱が。

f:id:info-travel:20170420153846j:plain


開けてみると、こんなチョコが☆
 
アメニティもしっかり揃っています!
(ありすぎちゃうかーってくらい笑)
嬉しい悲鳴です。

f:id:info-travel:20170420153853j:plain

 
なんとまあ!
なホテルでした。
 
なによりもすごいのは朝食。
 
ココナッツジュースがあったり、
日本でもおしゃれなレストランとかででてくる
高級カレーライスなど、
興奮、興奮!
 
ずーっと滞在したかったなぁ!!

ホーチミンって最大の・・・

■「ベトナムの南部」って?

 

 

 

f:id:info-travel:20170420152230j:plain

ベトナムの南部にはベトナム第1の都市「ホーチミン」がある。

 

タイのバンコクからも飛行機で約1時間30分とアクセスも

大変良い。

 

南部の特徴といえば、

前の記事でも言った通り、

メコンデルタ」がある。

 

メコンデルタは全体では約4.4万㎢。

ベトナム領内でも約3.6万㎢あるという。

 

このデルタを形成するメコン川インドシナ最大の河川で、

全長約4500㎞、

領域面積81万㎢なんだとか。

 

この川はチベット高原が源で、

中国、ミャンマーラオス、タイ、カンボジアを流れて、

ベトナムに流れ着くのだとか。

 

ベトナム人がこのメコン川につけたニックネームは

「九龍」。

 

なぜなら、このメコン川が9つの河口を作って

海に注いでいるからだそう。

 

でもなぜ「龍」?と思ったのではないだろうか。

それは、

このメコン川というのは、時には龍のように荒れ狂い、

大地を作って、大地を水浸しにしていまうのだそう。

 

そういった意味で「龍」なんだとか。

 

メコンデルタは「ジャングル」なんでしょ?

と思う人が多いようだが、実際は違う。

 

f:id:info-travel:20170420152234j:plain

 

 

プランス領時代から開発整備され始めた運河網が縦横に広がり、

水田地帯が多く広がっている。

 

メコンデルタはアジアの一大穀倉地なのである。

 

この様子は、ホーチミン市から南に約75㎞進んだ

場所で見ることができる。

 

今回はシュガ子は地方に行く時間はないが、

ホーチミンにせっかくいくなら、ぜひ見てみたいものだ。